一般社団法人 発達障害支援のための評価研究会

発達障害支援のための評価に関する調査研究、評価尺度の開発・普及などに関わる活動を行うことにより、発達障害支援の向上に寄与することを目的として事業を行います。

研究会メンバー

井上雅彦 鳥取大学大学院医学系研究科 臨床心理学講座 教授

専門は応用行動分析学 主として自閉症スペクトラムを中心とした発達障害のある人とその家族の支援プログラムを研究している。

井上研究室ホームページ
http://www.masahiko-inoue.com/

神尾陽子 Yoko Kamio, M.D., Ph.D.
国立精神・神経医療研究センター 児童・思春期精神保健研究部 部長, 医学博士(京都大学)

子どもたちの心の健康な発達を守り育み、また心が健康の危機に陥っても、再び回復していくのを助けることができるような、社会性の育ちについての研究を行っています。現在は、自閉症スペクトラム障害の最適予後のための早期介入や通常学級に在籍する発達障害の可能性のある児童生徒の包括的なメンタルヘルス支援に関する研究などに取り組んでいます。

国立精神・神経医療研究センター 
児童・思春期精神保健研究部ホームページ
http://www.ncnp.go.jp/nimh/jidou/index.html


内山登紀夫

専門は児童精神医学です。現在は、自閉症スペクトラムの臨床一般と、成人期の発達障がいの研究をよこはま発達クリニックで、震災後の子どものメンタルや行動の変化について福島大学で調査・研究をしています。